絵描きはつらいよ~社会人編~

ツイッターで公開した絵の補足やブログ限定の絵の公開(予定)をしつつ、特撮作品の解説や感想なんかも絵を交えて出来れば良いな…というブログ。

No.008 ボガーリーザ

「ボガールさん!グリーザさん!」

 

 

 

「無限の食欲、頂きます!」

f:id:garcia1053:20171026221117j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:garcia1053:20171026221133j:plain

 今回紹介するフュージョン怪獣は、早くも他の怪獣よりワンランク上の戦力を持って参戦した「ボガーリーザ」。惑星を喰らった強者同士の融合です。

 

 食に対して一流の精神を持つと共に、非常に邪悪な心を持つボガール。この世の理を嘲笑うかのように他を喰らうグリーザ。融合すれば銀河を喰らい尽くす無邪気な暴君の力を手にすることが出来るでしょう。体中の各部どこからでも経口摂取が可能という一見矛盾した姿に宇宙中の生命体が恐れ戦きます。ボガールはグリーザを喰らい、グリーザはボガールを喰らったとお互いに主導権を握った気でいるとのことですが、この力を使うのはあなた自身。くれぐれも飲み込まれませんようお気を付け下さい…

 

 スピードを捨て攻撃・必殺技の威力に特化した形態になっており、あらゆるストレスを度外視した戦闘が可能です。防御・体力は一見普通ですが、グリーザの特性により戦闘開始時は相手の攻撃をほぼ確実に回避出来るという反則的な能力も。しかしその後はターン毎に回避率が半分下がりますので、そこだけご注意を。

 

 必殺技は戦闘中に取り込んだエネルギーを一気に吐き出して攻撃する「ベルゼヴォーミット」。相手から受けた攻撃が大きいほど威力が上乗せされるだけでなく、必殺技発動後には回避率が戦闘開始時の値にリセットされるというこれまた反則級の技。宇宙の命運を胃袋で掴んだ脅威のフュージョン怪獣にひたすら震えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:garcia1053:20170926194817j:plain

俺の名はDr.JJ。フュージョン怪獣研究家として、戦闘に役立つアドバイスをしてやろう。だがあまり手を焼かせるなよ?」

 

①属性:喰(じき)と性質:貪欲

「喰という珍しい属性を持っているが、希少だからか有利な属性も不利な属性も存在しない。これから発見されるかもしれないが、現時点では非常にニュートラルなタイプというわけだ。

 また、性質が貪欲の怪獣は、体力が半分になると攻撃力が上がり、4分の1まで下がると必殺技の威力が2倍になる。その前のめりさの代償として常に防御力が少し低くなってしまうがな。ボガーリーザはディフェンス面では普通の怪獣と変わらないので博打になるだろうが、逆転の鍵にはなるはずだ。」

 

②相手の攻撃スタイルを把握すべし!

「最初の攻撃についてはほぼ確実に無効化出来るが、その後は回避率が下がっていく。序盤に激しい攻撃をするタイプには強いが、中盤以降大きな攻撃を仕掛ける相手には苦戦するかもなぁ…?強い力を使いこなすには知識も必要になる、相手の怪獣の戦法をよーく覚えておけ」

 

③必殺技のタイミングが重要!

「ボガーリーザの必殺技は、発動直後に回避率をリセットする効果がある。相手に大ダメージを与えた後に思わぬ奇襲があったとしても切り抜けられるのだ。必殺技直後の攻撃で完全にノックダウン、というのも面白い…」

 

「要するに…

 

 意外と低い防御・体力を補う知識を蓄え、絶好の機会にて必殺技を撃て!

 

と言ったところか。溜めに溜めて決めるだけが必殺技ではない。場合によっては2ターン目に…ということにもなるだろう。相手の攻撃力や素早さによって臨機応変に戦ってこそ一人前の戦士だ」

「次は恒例の宣伝だ。これも怪獣達の存在を知らしめるため…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラ怪獣シリーズEX ボガール

ウルトラ怪獣シリーズEX ボガール

 
ウルトラ怪獣シリーズEX アークボガール

ウルトラ怪獣シリーズEX アークボガール

 

 「定番ソフビはあったものの、どうにも商品の数は少ないようだな…この頃姿を見せないが、油断してるとまた同種が現れたり、なんてね」

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラマンX ウルトラ怪獣 DX グリーザ

ウルトラマンX ウルトラ怪獣 DX グリーザ

 

 「流石放送当時インパクトを残しただけあって、ガシャポン商品にて第二形態が商品化されているぞ。圧倒的な絶望感を再び味わうのもいいかもね…ウヘヘッ」

 

 

 

 

 

 

 

 如何でしたか?今後も今回のようなワンランク上の怪獣が現れるかも…?

 

 次回、キーワードは「幽霊」。